amoreの祭具殿
トップページだ amoreの日記? 作品の「あとがき」とか 立入禁止 『向こう』へ? なのはタン特集♪ お宝画像を貼るのだw
祭具殿
【あとがき】のようなもの……(001〜050) ※タイトル名をクリックすると「作品」が見られます。
new 2 1 old
001
amoreの処女作となります。
初めのころは作品を作るのに夢中で、「あとがき」は書いていませんでしたので、
当時のことを思いだしながら書いています。(09/09/08現在)
(「amoreとSOの出逢ひ」についてはこちらをご覧ください)

amoreの大好きな真由タンと小夜ちん――どちらもツンデレ娘で、破壊力は最強です。
『秋色』と『明日君』なので、二人の少女は巡り合うことはありませんでした。
でも『SO』なら――それが実現可能だったのです!

当時の「シナリオ」データが残っていました♪
ちなみに現在はネタをフォルダ名にして、それを「ネタフォルダ」に放り込んでいます。
テキストファイルにすると、いちいち開いて中を確認しなければならないので
ネタとネタを繋げる作業が困難になるからです。
(中には「瀬戸の花嫁」「小夜お姉さま」「シニカルりん」「なぜ扉は閉まろうとしてるのか?」
 「浦島効果について」「国家論」ほか多数……何を書きたかったのか不明なものが多いですw)

「はうぅ〜〜〜〜〜っ!萌え!」
そして『小夜vs真由』のシナリオ――
・真由 料理が得意 妹が大好き 貧乏
・小夜 料理が下手 姉が大好き 金持ち

……これだけ、です。(って、シナリオじゃないじゃん! でもシナリオって書いてあったw)
これだけで書き始めました。
いちおうシリーズ物みたいです……ね♪
002
この話は『episode.1』と同時に考えてました☆
と言っても「天丼」仕様と「翼ちゃん」を登場させること、だけですが……。
ちなみにタイトルの「vs」は特に意味がなく、戦ったりすることは考えてませんw
(『小夜&真由(1)』とかだったら、興味ひけないかな?くらいのノリで……)
003
amoreの処女作「小夜vs真由」の3番目のエピソードとなります。

前編はずっと前に完成していたのですが、
その後の展開に詰まり公開を保留していました。
(小夜ちんの注文した「厄介な料理」って何だ!?作者が知りたいぞw)

episode.1、2を見られる方がたまにおられますので、
少しでも先へ進んで(忘れ去られないうちにw)いただこうかと、
語句などを少しだけ修正して蔵出しアップしました。

何も考えずに「ツンデレ大好き!」ってことだけで始めたシリーズ。
次はいつになるか分かりませんが、ちゃんと完結させるつもりですw
004
「明日の〜」、「あしたの〜」とタイトル考えてたら「ジョー」が浮かんだので、
そのまんまな内容ですw 初めて「選択肢」も使いましたよ♪
BGMの「Moreモア」は南国的な「カーロス・リベラ戦」をイメージw
ちなみに、1、2作の「今日は暑くなりそうだな」の天丼で、
「今日は熱くなりそうだな」から始めてますw
「あしたのジョー」はamoreが一番好きな漫画かも♪
005
SO始めたキッカケの作品w
理由は色んなところで書いてるので周知かと思いますが、amore自身のために作りました☆
真由タンとデートしたかったんですね♪ 「表紙」の内容は一番気に入ってるかもw
「読み込み中」や「意味の無い選択肢」、「以外のキャラの扱い」、「コメントへの返信」、
「スタッフロール」などなど、やりたい放題w
amoreの後の作風に大きな影響を与えた「金字塔」的作品www
006
明日の俺と逢うために(全5編)
(りんの居なかった世界)初期設定

・修司(俺)
  両親は仕事で東京へ 鈴森学園に受かったので引っ越しはしていない 里佳姉と同居。
  料理はやはり好きなので上手い。 『大切な人』を失っていないので少し軽めの性格?
  特に欲しい物や、返す必要も感じていないのでバイトはしていない。

・小夜(小夜/修司)
  ひとりでは無いため攻撃的ではあるが、本来の優しい性格?
  両親は他界 姉は旅に出ているため夕霧家に同居。(直樹-咲-関係)

・あーちゃん(あーちゃん/シュウちゃん)
  幼なじみ 近所に住んでいる 両親健在。
  『向こう』へ行っていないので、割と常識はある。(ただの大食いキャラ?)

・明日香
  いない。(りんが居ないので)

・瑠璃子(リコ/シュウにいさん)
  幼なじみ 両親は診療所を直輝にまかせ、無医村などを廻って診療している。
  ずっと一緒にいたせいか、それほど強い想いはない。(淡い恋心?)
  神様が居ないので病は無い。

 ※あーちゃん、修司、リコ、小夜は幼なじみ。(近所-里佳-直輝-咲-関係)

・舞(舞ちゃん/シュージ君)
  本土の中華料理店『月花』で働く綺麗で可愛い女の子。
  接点は客としてなので、本性は分からない。

・あさひ
  いない。(りんが居ないので、人間にはなれなかった)

・里佳(里佳姉/シュウ)
  設定はほとんど変わらず。

・七海(七海/八代ちん)
  コメディばかりの演劇部の部長 クラス委員長 二年からの付き合い

・咲(咲姉/修司くん)
  世界中を自分の居場所を求めて旅している。(小夜には時々連絡が入る)

・直輝(直兄/修司)
  外国に行った「咲」をひそかに待っている。
  (『こちら』の世界に咲がいるので諦められなかった?)

・瀬戸(瀬戸/八代)
  中学生ぐらいからの付き合い。(診療所-関係)
  修司の方が瑠璃子との付き合いが長いので、少々焦り気味?

・りん(りん/修司)
  いない。


設定というより、覚え書き(しかも人物設定だけ)ですね( ^ _ ^ ; )
反映できていないところや、途中で仕様変更したものがありますが、
初期の設定のまま載せています。

初めて設定を考えてから作った作品です。(というか、考えないと作れなかった)
苦労したのは「あーちゃん」をすぐに「明日香」と入力してしまうこと。
七海が勝手に動くこと。(当初は3編の予定。真奈美ちゃんも登場させる予定はなかった)
あと、完結編の校正時に「ただ、この手にあることを(瑠璃子エンドBGM)」が
流れると何故か涙が止らなかった。リコォーー( T _ T )!
ちなみに公開は全部完成してから、12月31日〜1月3日の正月休みの間にちょこちょこ出した。

011
タイトルはもちろん、あの名曲から。

本編では使われていないBGMを一曲流していますが、妹からお姉ちゃんへ贈られたものです。
映画「雨に唄えば Singin' in the Rain」の曲がイメージされたので使用しました。

苦労したのは視点が七海なのに、相手役に「立ち絵」が無いこと( ^ _ ^ ; )
ヘタすれば七海のひとり言に。。。

あの告白シーンは明日君の中でも特に好きなところ。
いつもの騒々しさとの、あのギャップは……危険です。

amoreは作中けっこう『天丼』使いますね。好きなんで。。。

SO制作裏話 〈その1〉

『〜ever〜』公開後の話。。。

よし!次はトーゼン『TIME』だな♪
話のキーポイントは「なぜ明日香に記憶が無いのか?」を解明していくこと。

amoreの仮定は「こちらに戻るために、りんに代償として記憶を捧げた」からだ!
記憶を捧げるのは「瑠璃子エンド」でもあったし、説得力はあるだろう。
よし、この「仮定」を強固にするため本編から使えそうな部分を抜粋だ〜。

そして――数日後。
資料もだいぶ揃い、明日香ルートも終わりに近づいた頃……

>本編より抜粋
あすか「りんが求めたものは、ボクのすべての記憶」
修司 「な――!」

amore 「な――!」
……仮定もなにも、amoreの記憶が抜けていただけでした。
「は、恥をかかずにすんだのは不幸中の幸いだったな。。。( ^ ^ ゞ」
原作はしっかり読もう♪

012
終わらないのは仕様です。ずっと瀬戸のターンから始まります。
(クリア後、ヒントを見たいひとのためです。終わらせると再読み込みが必要なので)
なんとなく納得いただいた時点で終了しちゃってください☆ ごめんなさい。

小夜ちんのターンは「最初から瀬戸が八代と呼んでいる」のを気づかせようとする
彼女ならではの「思いやり」のある仕打ちでした。。。 ごめんなさい。

最後の問題はちょっとイジワル問題です。
瀬戸の質問は「八代を『修司』と呼んでいる人は?」
なので、「人」では無い「りん」は答えから外れます。 ごめんなさい。

9問目のヒントに、また「ひぐらし」ネタ使ってしまいました。。。
知らないひとには意味不明ですよね。
ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、ごめんなさい、
ごめんなさい、ごめんなさい、 あ……また使ってしまった。 ごめんなさい☆
013
リコのどこまでもまっすぐな愛情が好きです。
リコのなにものにも曲げることのできない強い意志が好きです。

リコの話を書こうと思ったときに、最初にぶつかったのは『命』の概念。
執筆中にも「ラストシーン」が二転、三転……。難産でした。
基本的にamoreの作品は楽しんでいただければOKです。
オモシロかった、笑った、悲しかった、考えさせられた、落ち込んだ……なんでもOKです。

でも今回の作品は作者自身も、どう位置づけてよいかよくわからない……かな?
ただ、ひとが生きていく上では出逢いと別れ(生と死)、喜びと悲しみ、笑いや涙が必ずあります。
それが表現できたかどうかは。。。

設定は、浜辺での『再会』 〜 『病』を二人で分け合う 〜 リコの卒業後『結婚』〜
新婚旅行から『帰宅』 〜 直輝先生『追い出される』 〜 浜辺で『語り合う』。
までの『日記』を「理子」が生まれてから××年後、二人が他界した後に直輝先生が回想しています。

『凝縮された時間』の中にいた二人が、その後、二十年、三十年を過ごしたとは考えられなかった。
でも、フツーに暮らしているひとよりも『充実』した時を過ごしたのではないかと。
ただ、(大抵は親が先とはいえ)子どもを残していくのは辛かった。。。
二人には『その時』が来るのはわかっていたので、どんなことを考え、伝え、残したのでしょうか?
014
SO制作時の失敗などをネタに作成。『入門』なんてつけてホント恥ずかしい。。。

でも、作る楽しさや(大したことはないですが)苦労など、読者の方にも知ってもらえれば
ちょっと失敗しても「ああ、なるほど」と笑ってもらえるかも。(えっ、布石?)

BGM終了時に効果音をかぶせるのや、選択肢オチ、その他ネタはご自由にお持ち帰りください。
(上手くアレンジしてもらえれば、amoreも参考にさせていただきたいです☆)
こんな仕様や演出から、逆に新しいストーリーが生まれることがあるかもしれませんね♪

ちなみにこのスタッフロールは世良学園から公園に寄って戸倉家へ潜入したamore視点でした。w
015
昨年の秋に真由タンと出逢い、夢中になって追いかけた日々。
amoreの『秋』は、あの時からずっと続いています。

「恋華」「謳華」を再プレイ。制作の方は3歩進んで5歩さがる、みたいな感じでしたw。
「秋色」は日常生活が舞台なので、ちょっと弄りにくいのですが、
素晴らしい作品であることを再認識させてくれました。

当初は「秋色」ONLYの予定でしたが、あれ? いつの間に……?あれ?

今回のお気に入りは「スタッフロール」www
この作品の撮影のために集まったキャラ達の合宿イメージ。〜夢は広がります〜
016
シリアスを書いてると副作用で生まれるんですよね、このような作品。
(amoreのシリアスなんて見たことないゾと言われると……っっw)
でもコメディ書いててシリアスが生まれたことはないです。。。

※18禁仕様について
今回の内容は禁止するほどイヤラシくは無いと思っていますが、
ちょっとマニアックな嗜好を含みますので自主規制とさせていただきました。

半分はいつものネタですが、18才未満に好ましくないのは確かです。
誰でもが閲覧できるSOの主旨に反しているのでは?と考えましたが、
ベースである『明日君』自体が18禁なのでwアリかなと判断しました。

認証といっても大抵の18禁サイトは個人の判断にゆだねています。
(18未満でも「18以上」ボタンを押すと入れたりしますからね☆)
ということで、自主的に作品の冒頭に『認証ボタン』を設けました。
017
今回の作品は実験的に『仕様』に合わせて制作。
気づいた方もおられると思いますが、全部BGMブツ切れの終わり方です。

以前「BGM→コケる音」で「ブツ切れ」をカバーしましたが、
「ブツ切れ」てもいいような終わり方ってどんな話?
……すると内容も少々かわいそうな事になってしまったので、
スタッフロールでカバーしておきましたw
(やっと「ふ〜みん」の立ち絵もまともに登場です☆ふ〜みん萌えの方、今までゴメンナサイ)

ちなみに今回のスタッフロールは、収録解散後の風景となります♪
018
戸倉真由が大好きです。

「秋色」「明日君」キャラはみんな好きだけど、真由タンは特別です♪
ということで、amore作品初のギャグ要素の一切無い、直球勝負ですw

タイトルもストレートど真ん中w これ以外浮かびませんでした。
初めて「秋色恋華」をプレイした時、シャラン……とテーマ曲が流れると
真由タン登場なのでワクワクドキドキしたものです。

ベースは「謳華」で翼が見た『夢』と「なぜなに秋色」から真由の『告白』。
お父さんはお姉ちゃんにも逢いに来てくれました!

amore的には「新山」「戸倉」と呼び合っている、
ぎこちない頃の二人の関係が好ましいですね。

くっ……志伸のヤツめ……小夜ちんに頼んで……!
019
ストーリーは、とある美少女のごくありふれた休日の一日となっています。

え? タイトルと内容が違いますか?? ジ○リ作品???
いや、amoreの頭の中ではいろいろ隠されたり、戦ったり、谷間を覗いたり……w

シナリオは、ロケ地とキャストのみ考えて撮影スタート♪
台詞は本当に一切考えていなかったので、あさひ先輩が「月花」で何と言ったのか、
作者としてもヒジョーに気になります。

この作品は、そーいう意味で不完全な部分を読者さん自身が想像して
楽しんでいただけたら……と思っています☆

ちなみに制作時間はそんなに掛けていません。(他の作品とあまり変わらない)
とりあえず、背景、立ち絵、BGMをひと通り配置して、効果音を挿入。
後は延々とプレビュー、調整の繰り返しでしたけど……。

今回のスタッフロールはいろいろと間違ったひとたち。。。
わかりづらいと思いますけど……NG場面集なのでしたw
020
この話は推理小説ではありません。
推理小説を作ろうとして失敗したおバカな人たちの物語です。。。

ちなみにタイトルの「パノラマ」は江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」より。
「パノラマ殺人」……なんか怖くて怪しそうでしょ?でしょ?
「パラノイア」案もありましたが作風にあまりにもマッチしているので没w

いちおう「エープリル・フール」と「あさひ先輩の誕生日」の合同企画作品です♪

「犯人」という言葉は最後の方でしか出していませんので、
なんとなく不振に思いながらも勘違いしてもらえたら……いいんですけどね( ^ ^ ゞ
(なんか怪しい雰囲気にしたかった痕跡がチラホラと。。。w)

あさひ先輩お誕生日おめでとうございま〜す☆
誕生日とは関係のない内容でしたが、初の「主役」をプレゼント♪

今回のスタッフロールは「全てのキャラに対して上位に立てる人物」(VFBより)。
021
なっはっはははは……( ^ ^ ゞ

また、SOネタで作品作っちゃいましたね☆
全部フィクションですからマジにとらないでね〜www

/akiさん、『ユン○ル』パクってごめんなさいですm( _ _ )m
また『こんな『明日君』は嫌だ!』見ちゃいました♡

amoreは拍手とかコメントとか貰うの大好き〜♪
遠慮はしないので、どんどんお寄せくださいねwww

まだamoreの読んでない名作はいっぱいあると思います。
ってか、既読は全部で40作品くらい?……少なっ!w
『ベストセラー』みたいな『評価』って出来ないのかな?かな?
022
宮沢賢治のamore風〜現代意訳〜明日君バージョンです( ^ ^ ゞ
原文は一見チンプンカンプンですが、何回も読むと味が出てきますよ♪

『永訣の朝』(原文)

けふのうちに
とほくへ いってしまふ わたくしの いもうとよ
みぞれがふって おもては へんに あかるいのだ
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

うすあかく いっさう 陰惨な 雲から
みぞれは びちょびちょ ふってくる
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

青い蓴菜の もやうのついた
これら ふたつの かけた 陶椀に
おまへが たべる あめゆきを とらうとして
わたくしは まがった てっぽうだまのやうに
この くらい みぞれのなかに 飛びだした
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

蒼鉛いろの 暗い雲から
みぞれは びちょびちょ 沈んでくる
ああ とし子
死ぬといふ いまごろになって
わたくしを いっしゃう あかるく するために
こんな さっぱりした 雪のひとわんを
おまへは わたくしに たのんだのだ
ありがたう わたくしの けなげな いもうとよ
わたくしも まっすぐに すすんでいくから
(あめゆじゅ とてちて けんじゃ)

はげしい はげしい 熱や あえぎの あひだから
おまへは わたくしに たのんだのだ

銀河や 太陽、気圏などと よばれたせかいの
そらから おちた 雪の さいごの ひとわんを……

…ふたきれの みかげせきざいに
みぞれは さびしく たまってゐる

わたくしは そのうへに あぶなくたち
雪と 水との まっしろな 二相系をたもち
すきとほる つめたい雫に みちた
このつややかな 松のえだから
わたくしの やさしい いもうとの
さいごの たべものを もらっていかう

わたしたちが いっしょに そだってきた あひだ
みなれた ちやわんの この 藍のもやうにも
もう けふ おまへは わかれてしまふ
(Ora Orade Shitori egumo)

ほんたうに けふ おまへは わかれてしまふ

ああ あの とざされた 病室の
くらい びゃうぶや かやの なかに
やさしく あをじろく 燃えてゐる
わたくしの けなげな いもうとよ

この雪は どこを えらばうにも
あんまり どこも まっしろなのだ
あんな おそろしい みだれた そらから
この うつくしい 雪が きたのだ

(うまれで くるたて
  こんどは こたに わりやの ごとばかりで
   くるしまなあよに うまれてくる)

おまへが たべる この ふたわんの ゆきに
わたくしは いま こころから いのる
どうか これが兜率の 天の食に 変わって
やがては おまへとみんなとに 聖い資糧を もたらすことを
わたくしの すべての さいはひを かけて ねがふ

『雨ニモマケズ』(原文)

雨ニモマケズ 風ニモマケズ

雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ

慾ハナク 決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラツテヰル

一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ

アラユルコトヲ
ジブンヲカンジヨウニ入レズニ

ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ

野原ノ松ノ林ノ陰ノ
小サナ萱ブキノ小屋ニヰテ

東ニ病気ノコドモアレバ
行ツテ看病シテヤリ

西ニツカレタ母アレバ
行ツテソノ稲ノ束ヲ負ヒ

南ニ死ニサウナ人アレバ
行ツテコハガラナクテモイヽトイヒ

北ニケンクワヤソシヨウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ

ヒデリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ

ミンナニデクノボウトヨバレ

ホメラレモセズ クニモサレズ

サウイフモノニ
ワタシハ ナリタイ


※読みやすいよう改行等を変更しています。
※著作権については「著者が亡くなってから50年で権利は失効」となりますので、
 そのまま掲載させていただいております。
023
高度に成長した文明社会は火の七日間という最終戦争によって崩壊した。
世界は腐海という有毒植物の森に覆われていった。
生き残った僅かな人々は、腐海とそこに棲む蟲から辺境の地へ逃れ
・・・・・・・そして、千年の時が流れた・・・・・

その者 青き衣をまといて 金色の野に降り立つべし
失われし大地との絆を むすび ついに人々を 青き清浄の地にみちびかん
(『風の谷のナウシカ』より抜粋)

テキストがあるため、前作よりページの切り替えなど
タイミングを取るのに時間かっかってしまいました。。。( ^ ^ ゞ

◎用語解説・元ネタ
【パライソ】 天国や楽園、パラダイスの意。キリシタン用語。
 (「おらと〜行くだ」は諸星大二郎『生命の木』が元ネタ……って、誰も知らないorz)
【73号文書】 『ひぐらしのなく頃に』の鷹野三四「34号文書」が元ネタ
その他いろいろ。
一番の元ネタは『ナ○シカ』……じゃ、なくて『明日君』ですよねwww
024
amore「全力全壊!スターライトブ○イカーーーッ!」
ユー○君「ぐはっっっ! ど、どこに向けて打ってるんだよっ!」

amoreの好きな「多次元宇宙」でお話を作ってみましたけど、
どこに、誰に向けて打っているのか……amore自身よく分かんなかったりwww
(ユー○君「単に打ちたかっただけじゃないのか……?」 はぅ図星☆)

「可能性」を求めて多次元宇宙を彷徨う修司――その真実は1%!
(って、99%は嘘!? ……いや、多次元宇宙なので何でもアリかな?)

分類的には『明日俺』と『シュウ先輩♡』を足して10で割ったカンジ……かな?

「時をか○る少女」や「狂気の沙○も金次第」……そう、筒井○隆ですw
(平井○正も混じってるなwww)
星新○を始めとする日本SF創世期の作家さんですね☆

『神について』あたりは、あんなカンジになる……かな?かな?
注:作風をそれっぽくしただけで、内容はamoreのオリジナルで〜す( ^ ^ ゞ あしからずw
025
企画「100ワードの奇跡」最初に作った作品です。

お祭り当日は「喜劇」や「詩劇」などがせめぎ合いそうなので、
「屋台」でも出そうかと。。。w
(amoreの予想では意外と「シリアス」が多いのでは?ということでw)

元ネタは「IQサ○リ」から3つ、他は色々なトコロから。。。
知っている問題もあったかもしれませんが、
「明日君」仕様にしてるので、楽しんでもらえたかな?かな?

amoreはクイズとかあったら「はい!は〜い!」って答えたい!
だから答えの書き込みはOK!にしちゃいましたよw
026
企画「100ワードの奇跡」2つ目に作った作品です。

なはははははw
直輝先生は怒ってますけど、amoreは『黒リコ』大好きで〜す♪

BGMの選曲なども直輝先生です ( ^ ^ ゞ
(なんかヘンなところは、初投稿ということで……w)

直輝先生の行き当たりばったりの作り方。
amoreの作り方、そのまんまです……w
最初に骨子だけ作って、後はその場のノリ次第♪(グニャグニャ骨子の耐震構造w)
だから、この作品はかなりシンクロしちゃいました☆

気付けば、あと7ページ。でも、前の方で調整することも無く、そのまんまw
ページが無くなってから思いついた「カラータイマー」……そんなカンジです。
明日香との「友情」の話も無かったですねーwww

ちなみに「メディカルるりこA」の「A」は血液型です♡

amore自身は作っていてとっても楽しかったで〜す♪
この企画を立ち上げてくれた/akiさんに感謝! ごくろうさまで〜す☆
027
Akiiro BGM vol.1 & vol.2
またもや台詞なし作品w
たまにどーしよーもなく『秋色』が恋しくなりますw
(amoreの「萌え」の原点ですから♡)

BGMってエンターテインメントには大切ですよね〜♪
特にOPやEDのインストルメンタルなんか聴くと、
あのシーンやあのシーンが思い出されませんか?

翼ちゃんのテーマ「Movin' On」がSOには無かった!
「Growth」と「ever」のBGMをSOに導入せよ!!
とにかく真由タンのピンク服!!!と声を大にして言います!
(プロフの中で、ですけどねw)

注:本編には無い、amore創作のシーンも多分に含まれていますw
029
瀬戸ちんは……何をやっているのでしょーか?

彼の趣味だと思います……たぶん ( ^ ^ ゞ

参考:46ワード♪
030
主人公はamoreで〜す☆
エッセイ……みたいな分類に入るのでしょーか?w

別に作家としても個人としても、魅力のない人物です ( ^ ^ ゞ
ただ、読者さん共通の関心事『明日君SO』に関わる人物です。

アタフタとバカな失敗やったり、間抜けな勘違い、思い込みなど……
共感して楽しんでいただければ、と思い始めてみました。
(そんなバカはお前一人だけだよ……って言われるとw…… orz)

一応、不定期連載を考えてますが……
031
えっと、伊吹の誕生日、3日前に颯さんのプロフで思い出しました。
この作品出せたのは颯さんのおかげです。ありがとうございました m( _ _ )m

急造ではありますが、手抜きは一切していない!つもり。。。
ただ、ストーリーに関しては、そのまんまお誕生日会になってしまいましたw

「明日君」からはamoreの過去作品つながりで友情出演☆

amoreは伊吹のネジが外れてるトコがとても好きなので、
また、あらためて彼女を中心とした作品を作りたいと思いますです♪

(※オープニング曲『秋色』から歌詞の一部を使用させていただきました)

SO制作裏話 〈その2〉

『伊吹誕生日企画』制作の真実

amore 「颯さん、やっほ〜! プロフに遊びにきました〜♪」

颯さん 「南条伊吹、、、誕生日6月10日」

amore 「え? えぇーーーーっ!?」

    あわてて『秋色IFB(いまさらファンブック)』を開く……ホントだ!

    あさひ先輩の次は、あすかと明日香だと何故か勝手に思い込んでいた……。
    って、掲示板に「誕生日一覧」UPしたの誰だ!?

颯さん 「誰か実はオレ作ってました!!!的な神はおられませんか??」

    あと2日…………無理だ、絶対。

颯さん 「南条伊吹誕生日企画(仮タイトル)“等身大の彼女”」

    颯さんはヤル気だ……すげぇ……漢だ!

    ……どーする、amore? ヤルか? でも、今作りかけの作品も気になるし……。

amore 「お、そうだ! ラーメン3分経ったかな……?」

    この際、プレッシャーは颯さん一人にまかせよう。(ひどっ!)
    プレッシャーをはねのけて、すばらしい作品を作る人だからな……。

    心の中で颯さんに謝りつつ、そのまま180度反転。

amore 「とにかく作りかけを何とかしないと……」

    意外に思われるかもしれないが――
    amoreはその作品内容の図太さと違って、ガラスのように繊細な神経の持ち主なのだ。

    そして……本日、なんとか完成〜公開。

amore 「伊吹……ごめん! でも手抜きは一切してないから!」

amore 「颯さん、ごめんなさいっ! そして感謝!!」

    颯さんは……生きてるだろーか?

032
記念すべき30作品目が…… orz

インタビューは……『作家先生』らしかったでしょーか?www

今回最大の被害者=『零文さん』 慎んでお詫び申し上げます m( _ _ )m
033
小夜ちんEndのアフターな物語です。
こーいう作品は公開するほうがデレデレです ( ^ ^ ゞ

タイトルは「エピローグ」の一節より。
『終わらない夏』はamoreの心象風景でもあります。

御風島(明日君)を訪れると、そこには小夜ちん達がいて――いつも『夏』。
ちなみにamoreの『秋』にも終わりがありませんけどwww

この作品はamore自身が「萌えたい!」と思って作り始めました。
ギャグはできるだけ排除して、萌え萌えに――と。
最初は『短編』のつもりだったのですが……ご覧のとーりですw

妄想が妄想を呼び、雪ダルマ式に膨らんでゆく――
034
『#003』へ向けての序曲です。
いや、嘘です。すんません。。。

散らかっていたネタをテキトーに詰め込みましたw

今回最大の被害者=『零文さん』 慎んでお詫び申し上げます m( _ _ )m
035
当初はここ(プロフ)で解答するつもりでしたが、
SOにした方が楽しいかな……ということでw
ついでなので100ワードにしちゃいました♪

今回最大の被害者=『スキュラさん』 慎んでお詫び申し上げます m( _ _ )m
036
元ネタになっている「機動戦艦ナデ○コ」自体がパロディー満載なのでややこしいったらw

りんがかなり黒くなってますが、元ネタのイメージ……
って、ル○ルリはあんなに黒くない……ですよね? あれれ?

で、気が付いた。
amoreがイジメたいキャラ=小夜、明日香、瑠璃子、七海、里佳姉、りん
amoreがイジメられたいキャラ=小夜、あさひ、舞、真奈美、咲、あすか

まあ、大まかにこんな感じかな……?(小夜ちんはどちらでもOK♡)
でも――リコにお仕置きとかされたら、それはそれでかなり医院じゃないかとwww

ある特定の条件が揃うとamoreの鬼畜モードが発動するみたいですが、
その『特定条件』は今のところ不明(読者さんには分かったりして……?)
037
なんで今の時期にクリスマスネタ!?

朝、起きたときに何故か思いついたエピソードw
忘れないようにとPC起動して、あらすじ書いてたら…… ( ^ ^ ゞ
半年近くも寝かしとくなんてamoreには絶対無理www

まあ、昨年のクリスマスの話を今読んでいる新規読者さんもいるかも
しれないし……公開のタイミングさえ気にしなければOK?

今回は、なんとなく効果音を多目に使ったので思ったより時間がかかってしまいました〜☆
出来あがればオールキャストw(あ、修司出してなかった……www)

ひさしぶりのスタッフロールは「え?あの人が私の部屋に!ちょっと恥ずかしいです〜」みたいなw
038
暑中お見舞い申し上げます

前回の『彼女たちのクリスマスイヴ』公開から一カ月以上も経ってしまいました…… orz
それで今回は夏にふさわしい『お化け屋敷』で行ってみようかと。
(ものスゴく単純w しかもこの「祭具殿」のトップ絵から着想ww)

お化け屋敷のエピソードは――そう、リコルートですね☆
他にも小夜ちんルートの色々なエピソードが時間軸を無視して
混ぜ込まれています。(真正カオス作品♪)
キミはいくつ分かったかな?www

でも、できる限り本編に忠実にBGM、立ち絵の表情などを配置しました。
(んなことしてるから時間かかるんだよ……w)
作中の時間を繋ぎ合わせていった咲さんの作業は、実はamoreの作業でもありました ( ^ ^ ゞ

とある一身上の都合により、OPムービーをコマ送りで見るのがマイブームw
さすがに「パンチラ」は無かった orz
全裸はあったけどw 『明日君』のOP……へえーこんなカットあったんだ……。
(amoreの記憶では「エヴァ」辺りから流行りだした
フラッシュバック効果で見逃すコマが多くなった)
両親の墓前で雨に打たれてたたずむ泉水姉妹。
本編には無かったけど、当然あったであろう過去の1コマ。

そして……咲さんが『向こう』に行ってから10年。
「ちょっと、どこが主役なのよ!
amoreぶち殺す!!」 その間、咲さんは『向こう』で何をしていたのでしょうか?
当時は高校生だった彼女も、もう里佳姉と同じ歳w
観光? 温泉巡り? いやいやそんな筈はないっ!
ってことで、その成果をご発表いただくお話しになりましたね☆

本当は…………。
八代と泉水の物語を書く予定だった。 そう、修司と小夜ではなく……。
まだまだキャラに振り回されてるamoreでした orz
039

いや〜好き勝手やってますね (^^ゞ
今回のベースはもちろん『遊☆○☆王』(原作&OCG)です♪

どれくらいの人が『原作』を知っているのだろうか……?
――とかは全然考えずに作っちゃいましたね☆
伏せ字○も使ってたり、使ってなかったりw
あ、ひょっとしてSO作品伏せ字最多記録?www

知らない人もノリで見てくれたらと思いますが、ちょっとだけフォロー☆
・KC(海馬コーポレーション)社長=海馬 瀬人(かいば せと)=瀬戸ちん
・孔雀 舞(くじゃく まい)「ハーピィデッキ」=舞ちん
・「真のデュエリスト」とは=凡骨デュエリスト城之内克也が目指す境地。
 もしくは「闇遊戯」を指す。
あと(天上院)明日香がいましたけど、「GX」はあまり知らないので使ってませんw

その他のネタ
選択肢の「まける」は「ひぐらし」の「部活」ネタ。
「おまけ」は零文さんのコメントとamoreのプロフが元ネタになってます。
【「『明日君』の君と逢うために #002」にいただいた零文さんのコメント】
 >SMゾ○ドとはやるなぁ…なら、そのSM○イドを生贄にし、更に即効魔法
 >『あんりみてっど』を使い、姫騎士セイバー・リ○ィを召喚!フェ○トに攻撃─!!
【amoreのプロフでのご返信】
 >ふ、そう来るのはすべて読んでたぜ!
 >罠カードオープン!『聖なるバリア−ミラー○ォース−』(定番中の定番w)
ずっと前から置いてあったネタなので、被害者は最初はスキュラさん(またw)だけでしたが、その後、くりむぞんさんのフェイトちゃん萌えが発覚し、お兄さまも目出度く新規参入となりましたw
零文さんは……「道連れ」ですね☆ ※ちなみに、この作品は「封印ネタ」ではないですヨ。

「零文さん、いつも本当に申し訳ない。
ちなみに零文さんが被害に遭うのはただの偶然だ」
今回の被害者=『スキュラさん、くりむぞんさん、お兄さま、零文さん』
今回最大の被害者=『零文さん』 (毎度お世話になります)
慎んでお詫び申し上げます m( _ _ )m

これから『遊☆戯☆王』を始めるひとへ――
作品中、修司たちが自分のデッキ内容を説明していますが、
実際は手の内を明かさないほうが有利ですw

040
ホントのこと言うと……ギャグ作品にするつもりで書き始めましたw
でも、途中から修司に乗っ取られちゃって ( ^ ^ ゞ
トーゼン作品内容が大事だが、
公開数が少ないのも寂しいものだみなさんに真摯に受け取っていただき少々戸惑うamoreでした……
この作品でいただきました「拍手」や「コメント」は、
「根気よく作品を作り続けている作家のみなさん」に対してで
あり、SO作家全員への激励だと受け取らせていただきますね☆
by amore♡
041
いちおう元ネタの説明をさせていただきますね。(知らなくてもぜんぜんOKですが)

「ザ・ドリフターズ」主演のバラエティ番組『ドリフ大爆笑』(1977〜1987)の
中でやっていたコント『もしものコーナー』が元ネタです☆
(「ドリフ」は知らなくても、メンバーの一人「志村けん」は知ってるかな?かな?)
タイトルは同じく「ドリフ」主演のバラエティ番組『8時だョ!全員集合』から。

コントの内容は――
「もしも家族意識が強い旅館があったら」「もしも気合いだけの医者がいたら」
「もしも手品好きの占い師がいたら」などの『お題』に対してドリフメンバーが
それぞれその役に扮するというものでした。

――そこでamoreからの『お題』で〜す☆
明日君キャラ(できれば全員)を使って「もしも誰々が○○だったら」を考え、
「○○だった」とオチをつけましょう♪(これだけ!)
コントというより『笑点』の「お題」に近いカンジですねw (amoreに座布団10枚!)

SOが初めてで不安な人は、今回amoreが作ったSOを【テンプレート】として
利用してもらえばいいと思います。
テンプレート自体は仕様なので、作品内容はいかにオモシロい「設定」と
「オチ」をつけられるかが勝負どころです♪

いちおう今回のSO編集画面のスナップショット☆
(注:これが正しい作り方というようなものではありません)
今回は「始まりのファイル」だけで作っちゃいました ( ^ ^ ゞ

まったくのオリジナルな仕様やタイトルで作ってもらってもぜんぜんOKで〜す♪
まあ、SO制作の取っ掛かりになれば――ということなので期限もありませんヨ☆

ちなみに作中の「つぎ、いってみよー!」は「ドリフ」のリーダー
「(故)いかりや長介」のセリフで、知らない人は多いかもしれませんが、
ノリがよくなるかな?と思って入れてみましたwww
まだ明日君キャラの半分

――ここまではプロフの内容と同じです。 で、ここから今回の作品内容について♪
(わざわざHPまで来てくれたひとへの特典ですw 大したことは書けませんけど……w)
メイン構成は「設定が変わっても変わらないキャラたち」といったカンジの
しぶとく個性的な『明日君』キャラたちを表現してみました ( ^ ^ ゞ

 01 真奈美ちゃん――恐れるものが無くなって、さらに凶暴に?w
 02 小夜ちん――まあ小夜ちんならこれが普通です。
 03 七海――七海は七海ですw
 04 リコ――可愛いですね〜☆
 05 舞ちん――天使のような「悪魔」ですねw
 06 里佳姉――いや、料理以外にも修司の取柄はある……はず?
 07 明日香――ずっと食べてるパンダみたいですねw
 08 義姉さん――申し訳ないけど……『向こう』に行ってください m( _ _ )mぺこ
 09 瀬戸ちん――のだちゃんさんの『瀬戸君の一日主人公』はオモロイですよ♪
 10 直輝先生――先生にはなぜか親近感を覚えます☆
 11 りん――あははは、2番目に好きなオチですw
 12 あーちゃん――しまった! あーちゃんだけ立ち絵使ってなかった!今気づいたw
 13 あさひ先輩――設定とオチに一番悩みました orz
 14 修司――今回1番お気に入りの設定www
計総勢14名! 順番によっても作品全体のイメージが微妙に変わると思いますヨ♪
042
構想というか、『向こう』の話は『明日俺』の公開後からずっと考えてました。
ネタもちょこちょこ集めてたけど、まだまだ時期尚早かと――。
(『向こう』の背景なんてないし……表現できるだろうか?)

そして、もう一つ書きたかったのが小夜ちんの『電車エンド』後のお話し。
一番好きなルートなので、挑戦したい気持ちと、そっとしておきたい気持ちがありました。

『向こう』はどんなところなんだろう?しかし、「『向こう』の国のアリス」――
数週間前に、このタイトルを思いついた時「ナイスamore!」と
思うたのじゃよw
amoreは作品を作るときは「タイトル」を一番最初に考えます。
(最終的にタイトルが変わる場合もありますが)
そしてそこからイメージを膨らませていきます。
だからギャグになるのか、シリアスになるのか、書き始めないと分からない場合もありますねwww
そしてこの「『向こう』の国のアリス」のタイトルはamoreにとってはイメージの宝庫でした♪
(『不思議の国のアリス』の夢オチは使いませんよ〜、と前もってw)

でも、イメージが膨らみすぎて収集がつかなくなり、まとめるのは至難の技。
整合性を合わせているうちに、新しい要素は増え続ける。
そこで見切り発射w とにかく書き始めて――そこから見えることもあるだろう、かと。
先は見えないけれど――amoreにとっても、読者さんにとっても、
『向こう』でオモシロい体験ができれば――と願い、物語を進めさせていただきます。
お付き合いいただければ幸いです。 m( _ _ )m

※今回の『再会篇』の前半はほとんど『本編』から。
 物語の導入として重要な要素となりますので、少し割愛しただけで流用させていただきました。
 
※エンドレスモード(無限ループ)を選んだ場合、ストーリーを進めるには最初からとなってしまいます。
 「control」もしくは「return」キーの長押しで早送りできます。
 あくまでお遊びなので、ストーリーとは関係がありません (^^ゞ

※amore作品において里佳姉がたまに「バン」と鳴らしますが、あれは教壇を叩く音です。
 教室でなくても鳴りますwww(イメージ音だと思ってくださいね☆)

【HP用の追加のあとがき】
はっきり言って『明日君』の設定はオモシロい。
異星人や異次元物語なんかは奇抜なようであって、現代的古典だ。
最初に『明日君』やったとき
 修司が最後の目撃者?――「はて、何の最後の目撃者だろ?」
 神様――「って!ありえねぇーーーーーっ!」
といった感想だ。

りんはロリコンになる前から
amoreのお気に入り♪まあ、『ドラゴ○ボール』なんかにも『神様』は出てくるが、
『明日君』の『神様』は手の平から砲撃も出せず、
ヒロインでもなく、ただの食いしん坊の少女だったwww
また神の住む場所は『アルハザード』とか『須弥山』とか
それらしい名称は付けられておらず――『向こう』w

逆にリアルを感じた。
ものすごく想像力を掻き立てられる絶妙なバランスを保った設定だと思う。
『明日君2』とか『明日君A's』とかは――出そうにないな orz

しかし、こんな設定を放っておくのはもったいない。
制作者やクライアント側の心理として常に新しい設定を――
という気持ちも分からないではないが、いいものはいいと思う。
だから――amoreが続きを書いてみようwww

ただ……amoreが書くとトーゼン趣味の世界が入り込んでくるw
ギリシャ神話やクトゥルー神話の神々が戦うことになるかもしれない――
amoreに表現力があれば――読者さんの『明日君』世界をも崩壊させてしまう恐れがある。
そこら辺をご理解いただいた上で、これからの連載にお付き合いいただけると嬉しいです☆

 > ユー○君3号 「新しく連載始めるのはいいけど、『君君』はどうすんのさ?」
 >
amore 「あ、忘れてた……」
amore「だ、だまれ、ユー○君のくせにっ!」
 > ユー○君3号 「まあ、僕は別に出番とかなくても気にしないから」
 >
amore 「そ、そうだ。あれは不定期連載ということで始めたからな♪」
 > amore 「ま、いずれ読者さんが忘れたころに☆」
 > ユー○君3号 「『瀬戸日記』の第2弾は考えてるのか?」
 >
amore 「……おまえ、ちょっと黙ってろ」
043
『もしも』の秋色バージョンです☆
明日君は【テンプ編】だったので、【テンドン編】にしてみましたよw
明日君の『天丼』も混じってるので、併せてご賞味くださいませ〜♪

今回は、これでどーだ!というまでプレヴューなしで進めてみました〜☆
さて、プレヴュー……キャラや背景の消し忘れが2、3点…… orz
効果音もさらに追加。テキストも追加。
妄想をカタチにするのはやはり難しいですよね〜。
でも、SOはそこからが楽しかったりしてw
(考えていたカタチに近づくにしろ、遠ざかるにしろwww)

最初はぜんぶ真由タン&翼ちゃんで考えようかと思ってたけど……
真由タンに叱られちゃって ( ^ ^ ゞ
蘭子さんはマジでネタが浮かばなかった…… orz
でも、あんな方が蘭子さんらしいのでわ?でわ?

ふ〜みんもいつもあんな扱いなので、ここで一言どーぞw (CV:如月美琴さん)→


044
昨晩、思いついてから一気に仕上げたんだよ〜☆
この際だから(何の?)と個人的資料にするため『背景画像』を全部DL♪
JPEG画像は371点で、FLV(動画)は36点。
(手作業でDLしたので1、2点の漏れはあるかもしれない……2時間くらい掛かったw)

結果、ファイル名「b○000a1.jpg」後尾は以下のような設定になっていることが判明。
 ・「aは昼」「bは夕」「cは夜」「dは夜(照明なし)」
 ・「1は晴れ」「2は曇り」「3は雨」

だからプルダウンメニューから選ばなくても、『id』をaからcに変えれば朝が夜になるのだ。

今回は、りんの「気になる」視点から作ってみたけど、
キャラを変えれば全然違った見え方になるかも☆
とゆーか、『瀬戸日記』のりんバージョンみたいなものだったw
ちなみにこれも副産物だったりします〜♪

実は、夕霧診療所前の道路のひび割れは『直輝のSO作品』あたりからamoreが気になっていたw
で、他の「ひび割れ画像」を探そうと思ったけど、プレヴューではテキストのバックの
DLマシンと化して
深夜黙々と背景画像を蒐集する。グラデをいちいち非表示にしなければならない。
拡張子「cpz」を解凍できればカンタンなのだが、以前
調べたら別の「cpz」ばかり引っ掛かったw
で、全部DLの暴挙に出たのだが、ひび以外にもいくつか
面白いと思えるものを見つけたので作品にしてみました☆


以下は『明日君』の「背景画像」のモデルになっている写真を紹介しているサイトです♪
 http://d.hatena.ne.jp/neo_q/20070929/p1
 http://happiness7clear.web.fc2.com/seiti2.htm
 http://fukusuu.blog48.fc2.com/blog-category-16.html#entry855
実写版の「沖原町駅」「沖原商店街」「月花」が見られますヨ☆
045
いやいや、タイトルの予定が狂ってしまったのと、
マジで2回目以降の話を考えてなかったので遅くなりました orz
大まかなポイントは押えてあるんだけど、どうやってそこに進むかがポイント!w

で、すでにお気づきかと思いますけど『ルート補完』とかじゃなくて、
本編の小夜ちん『電車エンド』後からの続きのお話し、となっております ( ^ ^ ゞ
『本編』で語られていた情報を基に、amoreが『向こう』の世界を創ってみようかとw
補完するのはamoreの記憶w 現在、リコルートの途中まで補完完了♪
っていうか、いつの間にかフツーにゲームしてるし…… orz
  ユー○君3号 「いや――全部補完してから書き始めようよ」
  amore 「バカだなあ、そんなにいっぺんに情報を扱えるわけないだろ」
 
(バカは……コイツじゃないのか?)

まあ、辻褄が合わないことがあっても、『本編』の不透明部分ということで……ご愛嬌☆
制服で『向こう』行ったのに、再会時は私服……やっぱ家に戻って着替えたのかな?
とか――考え出したら、『向こう』での着替えとかも説明が必要に……w
うん、やっぱり色々端折らないと、話が全然進まないwww

でわでわ、ここらへんで第1話を振り返ってみましょう。
  (えっ、振り返るほど内容あったっけ? っていうか振り返るの早っ!)
あの、お遊びと思われた選択肢『ジョークを言う』には、ちゃんと意味があったんだよ♪
映画なんかでも『パート2』は伸びが悪いよね?
それは『パート1』(初体験)の印象が強いから、同じレベルのものでは超えられない壁なんだよ。
小夜ちんの『電車エンド』を超えられるものなんか――amoreに作れるハズが無いっ!
ってことで、『1』を打ち壊すことから始めたんだよ♪
『スタッフ雑記』はネタがいっぱいw  (……絶対に今考えながら書いてる!)
 
「でも――最後の『誕生篇』って、何が誕生するんだろ?だろ?」
 
(綱渡りとも呼べない……絶対にナニカが間違ってる!)

ってことで、連載やってるSO作家さんってスゴイなーと
改めて思いましたですよ ( ^ ^ ゞ

では――次の『奇譚篇』でお逢いしましょう!(たぶんw)
046
'`ィ (゚д゚)/ 『アリス』3つ目でけました!
今回は当初から予定していた内容なので早く仕上がったよw
『奇譚篇』を読んでいただければ、今後どうような展開になるのか、
なんとなく想像してもらえるのではないか、と思われます♪(?)

amore解釈の『向こう』の風景を描いてみましたが、
読者さんの脳裏にどのように映ったか……ドキドキ (*^^*ゞ
ただ、まだまだ『向こう』の輪郭だけで、amoreなりの『真実』はこれから、です☆
『向こう』に関して全貌が明らかになるのは……たぶん物語の後半?
(一度、ストーリー展開をまとめる必要性が出てきたな……。 って、いまさら!?)
※本文中の小夜ちんのハードな解説は「だいたいこんな感じ〜☆」ですwww
 
【HP用の追加のあとがき】
3話目にして、ようやく書きたかった方向性を出すことができたと思います。
今まではイントロ。ここから物語がスタートします☆
方向性は、シリアスでもギャグでもないエピソード。
そう――「美少女」が「アドベンチャー(冒険)」な物語ですwww
(ここまで引っ張っておいて、次が最終回だったら……なんてことをすぐ考えてしまいますw)

ぶっちゃけ、紅神さまのご指摘どおり以下の「編成」は単なるネタでしたw
・再会篇 ・始動篇 ・奇譚篇 ・召喚篇 ・姉妹篇 ・異界篇
・神具篇 ・古代篇 ・八代篇 ・祈願篇 ・邂逅篇 ・神域篇
・崩壊篇 ・混沌篇 ・創造篇 ・誕生篇 赤字は追加。これからも増えそうw)

こういったモノからイメージが膨らんだりするので……
『八代篇』は8番目に、って、もう予定狂ってるし!
でも、適当につけた最後の『誕生篇』――何が生まれるのか天啓が!w
「ああ、そーいう物語だったんだ……」と気づいてしまいました ( ^ ^ ゞ

読者さんが読んで「面白い」と思ってもらえるかな?かな?
まあ、始めてしまったものはしょーがないw
あとは、横を見ないで、後ろを振り返らず、突っ走るのみ!
でも、『テーマ』と『表現』は、いつものamore作品なのでwww
←須弥山の図 何を意味しているのかamoreにもさっぱり…… ( ^ ^ ゞ

【補足等】
SOは二次創作になりますので、明日君『本編』との適合性が気になるところです。
コメント欄に疑問や指摘などがあれば、解説、または加筆、修正を行ないたいと思っています。
また、物語に組み込むほどでもない要素は省略しますので、補足などもここに掲載する予定です。

Q.小夜の親族も記憶が無くなっているハズなのに、マンションが使えるのは?
A.小夜と親族との関係は、ほとんど「書類化」していると解釈。
これは、小夜の性格によるところが大きいと思われます。(親族さんは小夜をとても大切にしています)
マンションの固定資産税、光熱費なども、すべて小夜の「財産管理」している「事務所」が行ないます。
「管理」は事務的に行われますので死亡届でも出さない限り自動的に更新されています。(さすが泉水家!)
よーするに小夜は、買い物はカード、お金が無くなったら銀行から引出し、そんな生活パターンw
(ホントは――「姉さんも小夜を忘れてる!」という設定も考えてましたが……w)

Q.咲の『研究室』は、どこかで見たよーな……?
A.咲は『向こう』では、りんの「家」に居候しています。
普段は『向こう』の中を転々としているので、特定の「住居」は持っていません。
りんは……昭和のレトロな雰囲気が好きなんですね〜w(撮影用にamoreの部屋を使ってます)

Q.トップページの広告の中央に動物が描かれていますが、物語に出てきましたか?
A.いいえ出てきていません。あくまでイメージです。
ちなみに中央の「燃えるキリン」とりんの右側の「岩」は、
「サルヴァドール・ダリ」の絵から取ったものです。
amoreの好きな画家さんですねw ちなみにこのFAQもネタですwww

【用語について】
本文中、聞き慣れない用語がいくつか出てきたかと思いますが、
よく分からなかった……という方は以下をご参照くださいませ。
※これらの情報は物語に反映(ネタバレ)しませんので、知らなくても全然問題ないです。
須弥山 ・ヒンドゥー教 ・ウラシマ効果 ・HPCサーバ ・クオリア ・インテル(企業) ・書院(ワードプロセッサ)

047
舞ちんのお誕生日 & amoreのS0作家デビュー1周年記念作品で〜す☆
(内容は1:9くらいの割合で、amoreの作品紹介ですよwww)
デビューした日が、たまたま偶然にも舞ちんのお誕生日だった――
ということで、amoreだけが使えるネタでした♪ (毎年合同だw)
ちなみにタイトルは『まいっちんぐマチコ先生』からw 知ってますよね?ね?

最近ペース落ちてきてますけど、一週間に1作品くらいの割合で作ってたとは……
自分でも驚きです(@Д@)
HPを作ってなかったら、もう少し多かったか……といえばそうでもないかも?
書き出したらHPの更新ほったらかしてますもんね〜 ( ^ ^ ゞ

ということで、S0に参戦させていただいてから一年が経ちました。
これからも、みなさんを「えっ?」と言わせるような作品を作れたらと思いますw
今後ともよろしくお願いいたします〜 m( _ _ )m ぺこ

5日後は翼ちゃんの誕生日ですよ♪
翼ちゃんGet=真由タンGetなのだ☆
翼ちゃんファンの作家はもちろん、真由タンは俺の嫁な作家もガンバりましょー! 

今回はHP用のあとがき考えるの忘れてた……(ちゅーか、ここの更新あるのも忘れてたw)
と、いうことで〜特別付録♪
048
『秋色』にはオルゴール曲がよく似合う♪
amoreの大好きな真由タンの妹――翼ちゃん(義妹)のお誕生日作品です☆

戸倉姉妹は―― amoreが引き取ります m( _ _ )m ぺこ
愛があれば『次元』の差なんてっ!www
(なんとかPCの中に入り込めないだろうか……PC原人?)

S0でのお祝い(立ち絵)……間に合わなかった orz
翼ちゃんは拗ねるし、真由タンにも怒られました……。
「近日中に必ずお祝いさせていただきます!」
(4日後にちゃんとお祝いできたよ♪)
049
小夜ちんルートと里佳姉ルートを、ちょこっと繋げてみましたよ♪
思いついてから完成まで2時間くらいw (『CB』発売記念、『なつうた』発表記念というのも後付けw)

タイトルは昔のドラマ「俺たち〜シリーズ」からそのまんま〜☆
「俺たちの旅」「俺たちの朝」など。中村雅俊の歌が印象深い。
バカ二人にはカッコ良すぎるタイトルだったか……w
(ちなみに最初のタイトルは『バカ二人』。 こちらもそのまんまwww)
『本編』の「あの声、喋り方」を聞いてから見ると笑えるかも?
ということで、まったく手をかけていない作品ですね☆
小夜ちんのお誕生日企画作品で〜す☆
タイトルからわかるよーに、な○はタンのパロディ全開w
amoreから小夜ちんへ――想い(趣味)をお届け(押し付けw)♪

実はこのタイトル、半年前から放置してあった。
小夜ちんの誕生日☆ということで「何かないかな〜」って
「ネタ箱」あさってたら出てきましたw
いつもは書き上げるまで、どんな方向に行くかわかんないけど、
このタイトルでは、こーするしかないでしょ?でしょ?

ちなみに廻し蹴りくらったとき――amoreには見えましたよ☆ 白♪

【HP用の追加のあとがき】

おっ! またまた「俺たち」出演ですね〜w
amore作品のレギュラーとなるか!?(たぶん、あと一回くらいで飽きそうw)
りんもけっこう活躍してますね〜☆(りんは好きなのでレギュラー♪)

Google日本語IME 「よろしく」→やっぱり出た「夜露死苦」w
けっこう使える……ネタ的に♪
(仕事で「夜露死苦お願い致します」なんてメールしたら困るからMacには入れませんけどw)
そういえば……誰かもう一人、12日に誕生日の人がいたような……
小夜ちんに全力注いじゃって……気付かなかったことにしておこう ( ^ ^ ゞ

いやいや、50作品目ですよ〜 ( ^ ^ ゞ
翼ちゃんの誕生日のとき「そろそろだな」と思ってたのに……。
『俺たちの勲章』ちゃちゃっとアップしたから、ここの更新作業するまで忘れてた。
100作品突破した先輩たちいますけど……この「倍」、スゴイなあと改めて思いました。
ということで――お祝いの品(ちなみに言葉よりもモノが好きw)を絶賛受け付け中www

amoreの「リミッター解除」について
いや、作品がパワーアップしたとかじゃなくて、
『本編』との整合性とか、『カレッジ・スズモリ』が“そのまんま”なのも――
ゼンゼン気にしないで行ってみよーと♪(大らかな気持ちでw)
「オールキャスト」なんかも後付けですw
伏せ字も使ったり使ってなかったり……でもゼンゼン気にしないwww
以降、整合性を合わせる作品と、度外視の作品。二本立てで行こうと思います☆ (あれ? 今までもそうだっけ?)

さてさて、amoreにとって今回